カテゴリー別アーカイブ: 海鮮

「桜勘(オウカン)食堂」新鮮なカンパチがのった激ウマどんぶり!

aa

鹿児島の桜島へ遊びに行った際には、ぜひ言って頂きたい料理店があります。
「桜勘(オウカン)食堂」というお店です。
初めてそのお店に行く方は、お店へどこから入っていくのかが分かりづらいかもしれませんが、のぼりが道路沿いにたっているため、迷った際も安心してください。
到着してみるとびっくりするかと思いますが、漁港の一部の倉庫みたいな場所にお店を構えていらっしゃいます。

実は、このお店のすぐそばは漁港であり、そこでとれた新鮮なお魚を提供してくれるお店なのです。
一見、こんな場所に料理店?と不安に思ってしまうような場所です。
しかし、実際にお店の中に入ってみると、地元の漁師さんや観光客でたくさん溢れています。
休日ともなると、店の外にまで行列が出来ているときもありますので、少し待つ覚悟も必要かもしれません。

そして気になるお料理ですが、感動しました。本当に美味しいです。初めて来たときにはその美味しさにとても驚いたのを覚えています。

私は「漬け丼」を注文しました。こちらは、このお店名物のようでした。
新鮮なカンパチがのったどんぶりと共に、みそ汁、ちょっとしたおかず、サラダ、あらの煮つけ、そしてコーヒーゼリーが一緒に提供されました。

カンパチ丼が美味しいのは言うまでもありませんが、一番驚いたのはサブメニューとして出されていた「あらの煮つけ」です。
魚の骨までとろけるほどじっくり煮込まれていて、九州風の甘目の味付けで、とっても美味しかったのを覚えています。

一度行った以降、桜島へ遊びに行く際には、時間があえば必ず行っていたお店です。
というのも、営業時間がランチライムのみと短いため、その時間を過ぎてしまったら食べることが出来ないからです。

以前、行きたいと思ったときに、すでに営業時間が過ぎていて、とても残念な気持ちになったことがあります。
また、混雑を避けるためにも、なるべく早めの時間帯(開店直後)に行ったほうが良いのかもしれません。

こんな飯は?

マグロがおいしい回転寿司スシロー。:まぐろフェア「まぐろ尽くし」900円(税抜)

鮪づくし

回転寿司というと、一般的には安かろう悪かろうのイメージがあります。


コンベアーで回ってくる寿司を、家族連れが子供と一緒に「これおいしそう」「あれおいしそう」なんて言いながらどのネタを取ろうってわいわい騒いでいるのが微笑ましいですが、今はその回ってくる寿司をあれこれ言いながら楽しむだけの時代は終わりました。

今や、席にタッチパネル式の注文用端末などが置かれ、注文して食べるという楽しみ方が増えています。


もちろん、今までも注文して食べるという楽しみ方がなかったわけではありませんが、ここ最近その傾向が顕著です。

というのも、ベルトコンベアーを流れている寿司は握ってからだいぶ時間が経っている訳で、鮮度がそれほどよくないのは自明なわけです。

だから、今は回転寿司に行っても流れてくる寿司は取らずに、注文して注文用レーンだとかコンベアー上を注文品として回ってきてそれを取る食べ方が主流になっているようです。


そんな中、「魚がし鮨」という寿司店ではあえてベルトコンベアーを注文した商品を流す専用のレーンにした「流れ鮨」という店舗を開店するようになりました。

行ったことあるんですが、注文用のタッチパネル端末(たしかiPad)を見ると、ランチタイムは丼もの(鉄火丼とかネギトロ丼みたいなやつ)が1000円以内のリーズナブルな値段で提供されています。

確かに、寿司1皿と比べるとちょっと高いような気もしますが、これ1つでお腹が一杯になるので回転寿司よりは高級という意味で「流れ鮨」はなかなかおもしろい試みだと思います。

さて、ここからが本題。

 


回転寿司の大手チェーン店の中で「スシロー」というお店があります。
何でも、店の中には「お客様のために、原価赤字ですけどマグロをお出ししています」というようなポスターが出されています。

 

確かに、マグロは原価率が100円寿司の中で100円に程近く、人件費入れたら完全に真っ赤な代物です。

まぁ、マグロ出さなかったら寿司屋と言えないと思うので、そこはいろいろ営業努力でがんばっているんでしょう。「スシロー」もそれ以外のお店も。


(原価率が非常に低いのは、玉子、えび、ツナあたりだそうです。ググったら書いてありました)

最近、ちょっと家族でスシローに行く機会があったんです。

今日はちょっともう家事もしたくないから外食行こうよーとせがまれて、

家族全員で「スシロー」へ行きました。
その時はちょうど混む前だったので、なんとかテーブル席に着くことが出来ました。ラッキーです。


で、タッチパネルの注文端末を弄ってたんです。
そしたら、目を引くメニューがありました。

 

ここまで来たら分かりますね。そう、マグロです。
でも、マグロといってもただのマグロではない。

その時、スシローは「まぐろフェア」という催しものをやっていました。

特別メニューとしてマグロのメニューが追加されていたのです。

そこで目についたのは「まぐろ尽くし」。お値段なんと900円(税抜き)で6貫が載っています。

メニューには「通常ではありえない驚きの価格」「スシローの仕入れ力で実現!」「大とろ・中とろ・赤身の盛り合せ」と書いてあるじゃないですか。
しかも、国産品ですよ。国産品。
もう頼むしかないと、えいやっとタッチパネルを押したわけです。

「高いの押して~」「もう~」という家族の非難も何のその、「まぐろ尽くし」が流れてくるのを待ちます。

そして、ついにその時が来ました。

軽快なチャイム音と共に、注文用のタッチパネルから「ご注文の商品が届きました」のアナウンス。
すぐさま、商品を取ったわけです。

「おおすごい……」
ここはスシロー、1皿100円(税抜き)のファミリー向け的な回転寿司なわけですよ。

なのに、この「大とろ・中とろ・赤身の盛り合せ」という豪華さ。
信じられなくなりそうでした。

「すごい……」
家族の息を飲む声が聞こえます。
よっしゃとわたしは心の中でガッツポーズを決めました。

口に運ぶと、そのおいしさにわたしは涙を流しそうになりました。
嘘だろ……という思いで、わたしは「まぐろ尽くし」の皿を見ました。

そう、わたしの口の中でまぐろは溶けてしまったのです。
100円寿司が出すクオリティじゃない!
わたしは本当においしくて、次から次へ口の中へ運び、気づけばもう1皿注文してしまっていたのです。

してやられました。

こんなにおいしいなんて、最近の回転寿司はすごいなと思いました。
確かにわたしみたいな100円寿司なんて、って思っている人も多いでしょう。

しかし、今や「注文」寿司時代――新しく高品質な寿司を提供するファミリー向け寿司店やちょっと高級目な店舗を構えている寿司店も増えてきました。

どうせあんまりおいしくないんだろ、なんて100円寿司を思っているそこのあなた。

1度足を運んで、100円でない高級皿を頼んでみませんか。
きっと100円寿司と馬鹿にしていたのを公開する思いますよ。

こんな飯は?

憧れの伊勢エビを自分で剥く!

BYtE7KFCUAEpq8E
エビ好きの私の今日の晩ご飯は海老フライ。
料理名だけは良さげだけど、今回も材料は冷凍ブラックタイガー。
たまには大きな伊勢エビでも食べてみたいな・・・。

伊勢エビはその大きさと値段の高さから、憧れの食材の一つです。
しかし、そんな伊勢エビには種類があることを皆様ご存知でしょうか。
厳密には(学術的には)一種なのですが、輸入品も含めて流通する伊勢エビ属のエビを伊勢エビと呼ぶことが一般的。
伊勢エビ属の中の伊勢エビ科には、国産で6種類の伊勢エビが属しています。

そんな伊勢エビには血液さらさら効果のあるタウリンや便秘解消に効くキチン質などの栄養素も豊富で、
タンパク質も豊富であることからダイエットにも効果的。
お金があればもりもり食べたいところです。

ということで、そんな伊勢エビが丸々一匹手に入ったときのために、
本日は伊勢エビの刺身の作り方をご紹介。
要はちゃんとした殻の剥き方でございます。

ingredients
伊勢エビ 丸々いっぴき!

3min
■買ってきた伊勢エビのがっちり持ち、尾と胴の間にナイフ(or 包丁)を入れ、一周まわす。
■中身がだせるようになったら尾をもって回し引き、胴を引き離す。
■尾の腹の方の膜が薄いので、そちらをはさみで尾の方へ縦方向に切っていく。
■先ほどのナイフを膜と肉の間に入れ、尾の方から膜をはがす。
■全ての膜が取れたら尾の方からスプーンなどで身をかきだす。
■取り出した身から真ん中の筋を取り、適当な大きさに切る。
■大きめの皿に伊勢エビの殻を乗せ、そこへ先ほどの身を盛り完成!

tips
+筋などを取り忘れると食感が悪くなるので注意!

こんな飯は?

牡蠣。それは天然のサプリメント。美味しく食べれたらなお嬉し。

BaKaEmWCYAAG-Yp
牡蠣。
誰が呼んだか海のミルク。
牡蠣があれば栄養剤なんていらない。
牡蠣を食べると色々と元気が出ちゃいます。

数多有る牡蠣の栄養素で特筆すべきはやはり亜鉛。
こいつはこれまた数多有る体内酵素の多くの原料となる栄養素。
この酵素は、細胞分裂・たんぱく質を作る・アルコールの分解・免疫強化・育毛と、
人間が生きていく上で大事な大事な物質です。
つまりその原料である亜鉛もとってもとっても大事な物質。
同じグラム数を摂取するのであれば、亜鉛を摂取できる量は牡蠣がどの食材よりも多い。

大量摂取はこれまたまた必須ミネラルである銅の吸収を阻害したり、腎機能障害を引き起こしたりとよろしくないですが、一日牡蠣2~3粒食べている分には問題なし。

単価の高い食材じゃなかったらいっぱい食べちゃってたろうな・・。

本日はそんな牡蠣をバター×ぽん酢に絡めとるという夢の共演レシピ。
美味しく食べて健康にもなれるとは。
牡蠣様様。

ingredients
牡蠣 10個
片栗粉 大2
たまねぎ 1/3
万能ねぎ 20g
バター 大1強
しおこしょう 適量
ぽん酢 50ml
サラダ油 適量

3min
■牡蠣は水で軽く洗った後にしおで揉み、再度洗って水分をしっかりと拭き取ったらしっかりと片栗粉を全体につける。
■万能ねぎは小口切りに、たまねぎを適当な厚さの薄切りにしたらたまねぎのみフライパンで炒め、しおこしょうで味を付けたら器に盛る。
■中火に熱したフライパンにバターを入れ溶けたら牡蠣を入れふたをして2分程蒸し焼きにする。
■蒸し焼きにした牡蠣にぽん酢を入れ混ぜたら、先ほどのたまねぎの上にのせ、そのあとに万能ねぎをのせ、最後に残ったタレをかけて完成!

tips
+牡蠣にはしっかり片栗粉をつけること!うまみを逃がしません!

こんな飯は?