カテゴリー別アーカイブ: レシピ

カツレツとトンカツの違いとは?ロースかつのレシピつき。

BaTREEeCIAAQeib
外はサクサク、中はジューシー。
トンカツは日本における洋食の代表です。

そんなトンカツは明治時代に登場しました。
それまではカツレツと言えば牛肉を使っていましたが、
銀座の名店「煉瓦亭」が初めて豚肉を使ってカツレツを作り、
これが大ヒット。
大量の油で揚げる作り方や、生の千切りキャベツをそえたのもここが始まりだそう。

ちなみにこの煉瓦亭、いまだに健在です。
銀座三丁目の横丁にて、今日も老若男女の胃袋を満たし続けています。

ところで、トンカツとカツレツでは厳密に言えば作り方が違います。
トンカツなどの揚げ物はパン粉をつけて大量の油で揚げますが、
カツレツは炒め揚げと言える程、油の量は少ないです。
その語源も「Cotelett(コートレット)」であり、外国の料理なのです。

ということで、本日は豚肉の中でも特にジューシーなロース肉を使った、
トンカツの作り方のご紹介です。
はちみつを使って、やわらかジューシーに仕上げました!

ingredients
豚肉(ロース) 300g(2枚)
小麦粉 大さじ1
たまご 1個
パン粉 300g
塩こしょう 適量
はちみつ 適量
サラダ油 大さじ1
キャベツ 適量

3min
■豚肉を2枚に切り(カットされているものでもOK)、肉の1cm内側に軽く切り込みを入れる。
■さらに筋を切り、包丁の背中の部分を使用して肉全体を叩いて柔らかくする。
■全体に塩こしょうしたあと、両面にまんべんなく蜂蜜塗っておく。
■油を175℃に加熱しておく間にキャベツを千切りにし、水に浸しておく。
■肉を小麦粉、たまご、パン粉の順にくぐらせ、ゆっくりと油に入れてかりっとキツネ色になるまで揚げる。
■揚げたカツは2cm幅にきり、千切りしたキャベツをのせたお皿にトンカツをおいて完成!

tips
+油の温度は175℃で!中はジューシー、外はカリッと揚がります。

こんな飯は?

ローストビーフの出身地、ご存知ですか?

BYzFbdjCYAAhFfg
ローストビーフは何料理かご存知ですか?

フランス?イタリア?アメリカ?
これが驚くことに、イギリス料理です。

まずいまずいと有名なイギリス料理。
イギリスに行かれる際にはぜひともフィッシュアンドチップスを食べ、
その何とも言えないもったりとした食感と油ギッシュな味を堪能して頂ければと思いますが、
そんな中では、ローストビーフは奇跡的においしい料理でしょう。

ちなみにイギリス料理が不味い理由はその調理法にあります。
とにかくToo much。
ほろっほろになるまでゆでる、黒焦げになるまで揚げる、などなど。

これは産業革命後、一般市民(労働者)の生活環境に一つ原因があるようです。
というのも、当時は一般市民が新鮮な食べ物自体を入手するのが困難でありました。
となると、おのずとしっかりと火を入れたくなりますね。

とういうことで、本日はローストビーフのレシピをご紹介。
もちろん火は入っていますが、こちらは貴族のメニューだったため、中は生でございます。

ingredients
牛肉(モモ) 500g
塩 小1
ブラックペッパー 少々
にんにく 2かけ
ローズマリー 少々
玉ねぎ 1個
醤油 大4
みりん 大4
赤ワイン 大3

3min
■にんにくとたまねぎをすりおろしておく。
■お肉を冷蔵庫から取り出し放置して室温にしたら、塩~ローズマリー(にんにくは1かけ分)を塗りこんで更に放置する。
■中火に熱したフライパンへ肉を投入、各側面を1.5分ずつ焼いていく。
■全面を焼いたら火を弱め蓋をして5分程度転がしながら焼き、ホイルの上に取り出す。
■全面を包んだら再度放置(20分~30分)。
■フライパンに残った肉汁は捨てず、残りのにんにくとたまねぎを炒め、しょうゆ~赤ワインを加えて煮詰める。
■ソースが出来たら、肉をお好きな厚さに切り、ソースをかけて完成!

tips
+3で放置後、汁が出てきたらソースにくわえてレンチンしておk。
8/30
追記、ご家庭のコンロにより火力がかわるかもです(>人<;)その場合、中火→強火 弱火→中火にかえてください^ ^

こんな飯は?

パンを食べるならローストビーフを食べなさい!意外なお肉とからだの関係。

BaKaDATCQAABR72
パーティの必需品、ローストビーフ。
ダイエット中の方の中には「お肉は天敵!」なんて方もいらっしゃるかもしれませんが、実は逆。

というのも、筋肉のもととなるたんぱく質をとらず、しかも食べないことでエネルギーまでとらないでおくと、
体は筋肉を分解してエネルギー源にします。

すると何が起こるか。
代謝が落ちます。

これはエネルギー消費量の低下につながり、脂肪やエネルギーがなかなか使用されなくなります。

つまりは太りやすいからだになる。
ここまで説明すればもはや自明ですね。

ですので、しっかりと肉も食べることは必要なんです。
ちなみに肉は糖質、脂質に比べてももっともエネルギーにはなりにくい成分。

つまり、ちゃんととってもなかなかエネルギー源にはならないんです。
満腹感は得られているのに、エネルギーにならない、つまり、余計な糖分や脂質をとらなくてすむ。
いいサイクル。

みなさま、もっと赤みのお肉をとりましょう、
ということで、本日はローストビーフのレシピをご紹介。
簡単にできるので、何かと忙しいパーティには最適な一品です。

ingredients
牛ブロック(ロース) 500g
オリーブオイル 適量
しょうゆ 大2
酒 大4
みりん 大1
塩 小1
黒コショウ 少々
クレイジーソルト 適量

3min
■ブロック肉を冷蔵庫からだし、放置。オリーブオイル~みりんを合わせておく。
■肉が常温になったら塩~クレイジーソルトを全体にかけ、20分程度放置。
■フライパンを中火にし、肉の表面全体を焼く(8分程度)。
■合わせておいたたれをフライパンに入れ、煮立たせて5分程度煮る。
■ふたをして火を止め、たれを全体にしみこませる。
■肉を取り出し、火をつけ、とろっとするまで水分を飛ばす。
■肉を5mm程度の厚さに切ったらソースをかけて完成!

tips
+芯まで火を通さないこと!
+肉は冷めてから切ること!

こんな飯は?

ロールキャベツとトルコの意外な関係。知りたい?

BaTRKpCCYAAUhul
洋食代表の一つ、ロールキャベツ。
今やおでんの具にもなるほどに浸透している料理ですが、
その発祥の地は日本から9000kmと遠く離れたトルコです。

どの料理の名は「ドルマ」。
現在も中央アジア〜北アフリカの家庭で食べられる、
ブドウの葉やキャベツの葉に具を詰め込んで煮る料理です。
詰められる、という意味のトルコ語が「ドルマ」です。
あぁ、そのまんま。

トルコ料理は世界三大料理の一つ。
良くヨーグルトを使うため、腸の働きを良くする効果があり、
普通に食べる時でも、ダイエットには多少向いているかも。

ということで、トルコ発祥のロールキャベツ、本日はトマト煮込みver.で。
実はかなり簡単なので、忙しい夜にも最適ですよ。
(ヨーグルトは使いません)

ingredients
キャベツ 大6枚
玉ねぎ 1/4個
ひき肉(豚) 280g
ナツメグ 少々
しお 少々
こしょう 少々
卵 1個
ベーコン 5枚
水 1/2カップ
トマト缶 1/2缶
トマトケチャップ 大さじ1
固形スープの素 1個

3min
■キャベツを6枚ほどはがししっかりと洗ったら、ラップをかけてレンジで表裏それぞれ1分ずつチンする。
■玉ねぎをみじん切りにし、ひき肉〜卵までを加えて良く混ぜておく。
■加熱したキャベツは冷水にさらし、しっかりと水分を拭く。
■先ほどのタネをキャベツの奥の方にのせたら、手前に向かって巻いていく。
■左右をたたんだら、ベーコンを巻いて楊枝でしっかりと固定する。
■鍋に水を入れ、先ほどのロールキャベツを均等に並べていく。
■火をつけ、中火で13〜14分程度加熱している間に固形スープの素とトマト缶、ケチャップを加える。
■鍋を揺らして全体にソースが行き渡ったら、火を止め器に持って完成!

tips
+隠し味でしょうゆを入れても美味しい!

こんな飯は?