カテゴリー別アーカイブ: イタリアン

ピザの歴史、最初に言葉が誕生したのは10世紀!マルゲリータではないのです。

マルゲリータ

ピッツァ、日本でピザ、ピザパイと呼ばれていますね。

切り売りピザ、丸いピザの六分の一の大きさですが、100円位からイタリアで売っています。

ピッツェリア、レストランでは丸いピザ、1000円位から食べられます。

 


六本木青山のレストランのコックさん達がよく来ていた一頃前、ピザの下地の小麦粉が日本とイタリアとでは全く違うと言っていました。

今の日本では同じように食べられるのでしょうか?
冷凍ピザも売っていまして、これがなかなか美味しいです。

250円位から売っていて、ツナや生ハムなどが載っています。ワインと冷凍ピザで十分な一食になります。


日本ではピザを食べたことがありません。日本に帰った時には、やはり蕎麦、うどん、お鮨、鰻、そして何よりも炊き立てご飯にお味噌汁、お漬物焼き魚、納豆です。

と書いているうちに食べたくなってきました。

 

さて、ピッツァの歴史は、先ずピッツァという言葉が現れるのは997年、10世紀末のこと、ガエタという地域で契約書の中に俗ラテン語で書かれています。

続いてローマ、アクイラ、ぺ―サロでも見られます。

16世紀にナポリでパンをつぶして延ばしホワイトソースを上にかけて食べるPitta(ピッタ)という、いわゆるピザの前身があり、貧しい人達の食べ物で道端で売られていたのだそうです。

1843年、父アレクサンドル・デュマがイタリア旅行をした際にはホワイトソースではなく、オリーブ、トマト、チーズ、魚やらが載っていたということです。


1889年、ラファエレ・エスポージトという料理人がサボイア王国のマルゲリータ女王のためにモツァレッラ、バジリコ、トマトを載せたピザを創作して捧げました。


今でもあらゆるレストランで見受けられるピッツァ・マルゲリータですね。
トマトの赤、モツァレッラの白、バジリコ(バジル)の緑の三色で三色旗を表します。

Bandieraバンディエーラはピザだけでなく、他の料理でも三色旗と命名されています。

こんな飯は?

おかわり自由のパンに選べるメインが絶品。茅ヶ崎のモキチ・フーズガーデン

ピザ

この度、友達と食べに行った「MOKICHI FOODS GARDEN」。神奈川県茅ケ崎市元町13-1にあるレストランです。何とも雰囲気のいいところでした。

元は工場だったみたいで、建物の中は広くて開放的です。外から見ると普通のパン屋さんに見えますが、実は奥にレストランがありました。

平日のランチであるにもかかわらず、お客さんはたくさんで繁盛していました。その時間帯で満席になり、予約をしていなかった客は席がなく、帰っていく方もいました。


大切な料理ですが、量も味も満足できるすばらしいものでした。ランチセットをわたしたちは頂いたのですが、メイン料理はもちろん、パン・前菜・デザート・ドリンク(コーヒーか紅茶)と、お腹いっぱい大満足のセットになっていました。

肉・魚・パスタ・ピッツァ・カレーから、好みのものを選べるものとなっていました。パンに関しては、お代わりをもらえるというサービスも。

パン屋でもあるため、様々なパンをおいしくいただくことができました。友達が言うには、このセットメニューは、昔よりボリュームがアップしているようです。

 

このセットメニューは1500円前後だったと思います。おしゃれで雰囲気のいいお店で、おいしい食事を家族や友達と、ゆっくりと過ごすことのできる「MOKICHI]を皆様にお勧めします。

一つ忘れていましたが、湘南ビールもいただけるそうです。おいしい料理とおいしいお酒をゆっくり楽しみ、幸せを味わいましょう。

こんな飯は?

カキ!カキ!生カキ!イタリアーンなさっぱり生カキの食べ方レシピ!

BYuKkA5CEAADgEd
海のミルク、カキ。
カキ鍋やカキフライもいいですが、
やはり新鮮な生で食べるのがおいしい!

そんなカキ、実は日本の50%は広島でとれているんですよね〜
そんなカキの名産地広島で教わった、
ちょっとおしゃれで激ウマなイタリアン風の生カキの食べ方!

ingredients
生カキ
クレイジーソルト
オリーブオイル
レモン

3min
■カキは洗って水気をしっかり拭き取る。
■皿に並べたらオリーブオイルかけ、クレイジーソルトを適量かけたら完成!

tips
+レモンを搾ったりパセリかけても美味しい!

こんな飯は?

生ハム大量買い対応!ひと手間で生ハムをより美味しくいただくレシピ!(余った分のレシピ付き★)

BaPsjmnCMAA0H5P
イタリアンに生ハムは欠かせない!
居酒屋でも絶対にはずせない逸品ですね。
そんな生ハムを使った簡単料理を2品ご紹介!
普通の生ハムでも有名なパルマプロシュートでも、何でもこいな万能レシピです!

ingredients
生ハム
オリーブオイル
山椒の実
お好きなパン
マヨネーズ
チーズ

3min
■生ハム、オリーブオイル、山椒の実を和える。(1品目)
■パンの一面を焼き、裏返したらマヨネーズ、チーズをのせて溶けるまで焼く。
■余った生ハムをのせて焦げない程度に焼いたら完成!(2品目)

tips
+パセリなどを乗せて焼いてもおいしい!

こんな飯は?