「桜勘(オウカン)食堂」新鮮なカンパチがのった激ウマどんぶり!

aa

鹿児島の桜島へ遊びに行った際には、ぜひ言って頂きたい料理店があります。
「桜勘(オウカン)食堂」というお店です。
初めてそのお店に行く方は、お店へどこから入っていくのかが分かりづらいかもしれませんが、のぼりが道路沿いにたっているため、迷った際も安心してください。
到着してみるとびっくりするかと思いますが、漁港の一部の倉庫みたいな場所にお店を構えていらっしゃいます。

実は、このお店のすぐそばは漁港であり、そこでとれた新鮮なお魚を提供してくれるお店なのです。
一見、こんな場所に料理店?と不安に思ってしまうような場所です。
しかし、実際にお店の中に入ってみると、地元の漁師さんや観光客でたくさん溢れています。
休日ともなると、店の外にまで行列が出来ているときもありますので、少し待つ覚悟も必要かもしれません。

そして気になるお料理ですが、感動しました。本当に美味しいです。初めて来たときにはその美味しさにとても驚いたのを覚えています。

私は「漬け丼」を注文しました。こちらは、このお店名物のようでした。
新鮮なカンパチがのったどんぶりと共に、みそ汁、ちょっとしたおかず、サラダ、あらの煮つけ、そしてコーヒーゼリーが一緒に提供されました。

カンパチ丼が美味しいのは言うまでもありませんが、一番驚いたのはサブメニューとして出されていた「あらの煮つけ」です。
魚の骨までとろけるほどじっくり煮込まれていて、九州風の甘目の味付けで、とっても美味しかったのを覚えています。

一度行った以降、桜島へ遊びに行く際には、時間があえば必ず行っていたお店です。
というのも、営業時間がランチライムのみと短いため、その時間を過ぎてしまったら食べることが出来ないからです。

以前、行きたいと思ったときに、すでに営業時間が過ぎていて、とても残念な気持ちになったことがあります。
また、混雑を避けるためにも、なるべく早めの時間帯(開店直後)に行ったほうが良いのかもしれません。

こんな飯は?

絶品!横濱土産の濃厚フォンダンショコラ!

横浜煉瓦

個人的に横浜土産の鉄板は、霧笛楼さんの「横浜煉瓦」です。

新横浜の高島屋にお店が入っているので、実家に帰るときはいつもお土産として6個入り1296円のものを買います。1個からも販売しているようで単価は216円です。
1個ずつ箱に入っているので、ちょっと高級そうにも見えます。

私はあまり食べたものの味を覚えている方ではありません。

いくら美味しいものを食べたことがあっても、結局思い出せないこともよくあります。

ですが、子供の頃に誰かがお土産にくれた横濱煉瓦を食べてものすごい衝撃を受けたことを覚えています。

 

しっとりと濃厚なフォンダンショコラ。
今で言えば、食感は濃厚な生チョコに近いかもしれませんが、私が初めて食べた頃、生チョコなんてものは知らなかったので、濃厚すぎるチョコレートなのに、しっとりしたケーキの食感に驚き、その美味しさに手が止まらなくなったのを覚えています。

 

当時、チョコレートなのか、ケーキなのか本気で悩んだ記憶があります。

今ならネットで検索して取り寄せもできますが、昔はそんなこともできず、どこの土地のお土産かも知らないまま、もう食べることはないんだろうな、と思っていました。

 

ですが、横浜に引っ越してきて、横濱煉瓦を見つけたときは、驚きました。

昔食べて美味しかったチョコレートケーキがある!しかも、近くのデパートにある!嬉しくて、自分用にひと箱買ってしましました。

食べ物を覚えていない私がパッケージから、開けた時、中にセロファンか乗っていたのから、鮮明に覚えていました。何一つ昔食べた時と変わっていない!あまり自身はありませんが、味も、食感も同じ。なにより、食べた時の感度と満足感は当時と同じ!まさか、こんなところで再開できると思っていませんでした。

 
見た目は結構小ぶりに見えますが、チョコレートが濃厚なので1つで大満足!

チョコレートの濃厚さもいいところですが、この手軽な価格と、個別に箱入ってる点も魅力的なところです。

私の母も大好きです。最近は「煉瓦の誘惑」という名前で量と値段が半分になったものも販売されているようです。

こんな飯は?

カツレツとトンカツの違いとは?ロースかつのレシピつき。

BaTREEeCIAAQeib
外はサクサク、中はジューシー。
トンカツは日本における洋食の代表です。

そんなトンカツは明治時代に登場しました。
それまではカツレツと言えば牛肉を使っていましたが、
銀座の名店「煉瓦亭」が初めて豚肉を使ってカツレツを作り、
これが大ヒット。
大量の油で揚げる作り方や、生の千切りキャベツをそえたのもここが始まりだそう。

ちなみにこの煉瓦亭、いまだに健在です。
銀座三丁目の横丁にて、今日も老若男女の胃袋を満たし続けています。

ところで、トンカツとカツレツでは厳密に言えば作り方が違います。
トンカツなどの揚げ物はパン粉をつけて大量の油で揚げますが、
カツレツは炒め揚げと言える程、油の量は少ないです。
その語源も「Cotelett(コートレット)」であり、外国の料理なのです。

ということで、本日は豚肉の中でも特にジューシーなロース肉を使った、
トンカツの作り方のご紹介です。
はちみつを使って、やわらかジューシーに仕上げました!

ingredients
豚肉(ロース) 300g(2枚)
小麦粉 大さじ1
たまご 1個
パン粉 300g
塩こしょう 適量
はちみつ 適量
サラダ油 大さじ1
キャベツ 適量

3min
■豚肉を2枚に切り(カットされているものでもOK)、肉の1cm内側に軽く切り込みを入れる。
■さらに筋を切り、包丁の背中の部分を使用して肉全体を叩いて柔らかくする。
■全体に塩こしょうしたあと、両面にまんべんなく蜂蜜塗っておく。
■油を175℃に加熱しておく間にキャベツを千切りにし、水に浸しておく。
■肉を小麦粉、たまご、パン粉の順にくぐらせ、ゆっくりと油に入れてかりっとキツネ色になるまで揚げる。
■揚げたカツは2cm幅にきり、千切りしたキャベツをのせたお皿にトンカツをおいて完成!

tips
+油の温度は175℃で!中はジューシー、外はカリッと揚がります。

こんな飯は?

群馬県高崎市にあるTIGA、抜群のランチです。

セイロセット
群馬県高崎市にあるTIGAというレストランがあります。そこは、昼間はランチなどの食事ができますが、

夜は、創作居酒屋になります。
私は、昼間のランチをよく利用しています。

私が1番よく食べるのは、セイロセットのランチです。
セイロは、野菜がたくさんで、日によって肉やエビやシュウマイなどが入っています。
量が結構あり、それらをつけるタレは、6種類ぐらいついてくるので、いろんな味が楽しめます。
そこは、自分で機械でオーダーします。

ご飯は、白米か五穀米かを選べます。ご飯の量は、小・中・大の中から選択できます。
ランチにも何通りかあり、料理と飲み物だけとか、料理と飲み物とスープとサラダ付きなど様々です。
たくさん食べられるなら、プリンセットがおすすめです。

料理飲み物とスープとサラダとプリンがつきます。
プリンは、手作り感があり、とってもおいしいです。
スープやサラダも手が込んでいて、おいしいです。

飲み物のなかには、無添加コーヒーというものがあり、こちらはすっきり飲めます。
いつもセイロセットを頼むのですが、他に食べたのは、煮込みハンバーグとピザです。
セイロに比べると、少ない量に感じなので、お腹があまり空いていないときは、こちらにします。
デミグラスソースが、とてもいい味をしています。

あと、ピザは、窯で焼いたような味わいです。
1枚をぺロっと食べてしまいます。
このように、TIGAでは、体によさそうなお料理が満載です。
一度来れば、その理由がわかります。
何人か一緒に連れてきましたが、みんなおいしいと言っていましたので、太鼓判を押せます。

こんな飯は?